スミカ・クリエイト

不動産無料査定スタート

まずは、自分「自宅の査定価格」
調べたい!!

建物や土地の情報を入力すれば、人工知能が自動診断!!

建物や土地の住所、面積、など入力します

すぐに査定・診断結果をご覧いただけます

サンプル

不動産の状況に応じた「売却価格」アップの無料メール診断を受けられます。

不動産会社や不動産の営業には、それぞれ得意な分野があります。賃貸に強い、
売買の仲介に強い、不動産のコンサルティングなど土地活用が得意など. .
ご自宅を高く売却するには、売却のノウハウがある会社選びが大切です。

どうすれば、高く売却できるか知りたい!!

不動産の売却で、インターネット閲覧者に購入を検討してもらえるかどうか、わずか数秒で決まってしまうのです。
不動産の売却は、インターネットなどの広告媒体に物件情報を掲載して購入見込みのお客を探します。ホームステージング では、ホームステージャーと呼ばれる専門のコーディネーターが家具やインテリアを配置して、販売用の写真を撮影します。購入希望者に好印象を与えることで、購入意欲を高める売却のテクニックで、普通に販売するとおおよそ、3ヶ月〜半年かかる物件でもホームステージング によって平均で1ヶ月程度で買い手が見つかり、売却価格も平均で17%アップしているデータがあります。

ホームインスペクションとは、建築の専門知を持った住宅診断士が第三者的な立場から建物の劣化状況や欠陥の有無を調査することです。
中古住宅の流通が盛んな米国では、不動産取引の70 〜 90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。インスペクションを実施することで、購入希望者は安心して住宅の購入を検討することが出来ます。

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、住宅の売買で購入した時点では明らかになっていない、隠れた瑕疵があった場合、売り主が買い主に対して負う契約解除や損害賠償などの責任のことです。
物件引渡し時には気が付かなかった、隠れた瑕疵が発覚した場合、一般的には売り主に瑕疵を報告して、欠陥を修復してもらうことが法律で規定されています。この費用を、保険で担保するのが「住宅瑕疵担保責任保険」です。この保険に加入することで購入希望者も安心して住宅の購入を検討することが出来ます。

不動産無料査定スタート

不動産売却の「失敗・成功体験」をヒントに!

不動産無料査定スタート

よくある質問

  • 現在、賃貸中の物件でも大丈夫ですか?
  • はい、ご利用いただけます。近年、投資用マンションの売却のご相談も増えております。
  • 住替えを検討中です、住んだままでも「高く売却する方法」は有りますか?
  • もちろん、ございます。住み替えのお客様の場合は「ステージング」など有効な売却の手法がございます。購入希望のお客様への内覧時の対応など。担当スタッフからアドバイスご提案させていただいております。
  • 築年数が古い物件でも、「高く売却する方法」は有りますか?
  • もちろん、ございます。ひとくちに築古物件と言っても、個体差があります。相当しっかり作られており新築以上の耐震性を有する場合もあります。また、インスペクション等により現行の耐震基準への適合が認定されれば、「瑕疵保険」も付保でき、様々なメリットが出てまいります。
  • 現在、他の不動産会社で売却活動中ですが、なかなか売れません。この状況で、売却の依頼は可能でしょうか?
  • もちろん、可能です。ただ、現在他の不動産会社様と専任もしくは専属専任媒介契約を締結されていらっしゃる場合は、原則としては、契約終了後のご利用となります。もちろん、弊社へのご相談は随時承っておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
  • 中古住宅を売却、引渡しから3ヶ月後に雨漏りが見つかった場合、補修費用は誰が払うのですか?
  • はい、一般的には売主様が補修費用を負担する責任があります。これを「瑕疵担保責任」といいます
    ただ、弊社に売却をお任せいただく物件で「瑕疵保険」に加入できる物件に関しましては、最長5年間、最大1,000万円まで保険金でその費用を賄うことが出来ます。売主様、買主様双方安心のお取引が出来ます。
  • 「瑕疵保険」に加入することで、そのほか何かメリットは有りますか?
  • はい、築年数が古い物件でも住宅ローン減税が受けられます。
    新耐震基準への適合が認定されますので、住宅ローン減税(10年間で最大200万円の控除)や登録免許税の軽減措置(2017年3付31日までの経過措置)を受けられますので、買主様にとっては非常に大きなメリットとなります。売主様にとっても、売却物件の市場での差別化が図れます。
  • 「瑕疵保険」の保険金が払われるのはどんな場合ですか?
  • はい、具体例として以下のような事例があります。
    ◎マンションの給排水管の劣化による水漏れで、階下に雨漏りが発生し、天井クロスにシミができた。
    ◎戸建て住宅での雨漏れ
    ◎サッシから雨水が侵入し、木枠が腐食した。
    ◎床の傾き
    など
  • 他の不動産会社で売れなかった物件でも本当に売れるのですか?
  • 買主様の不安を解消することで成約が可能です。
    中古住宅には特有の不安やリスクがあります。それらを当社のサービスを用いて解消することで、買主様も安心して購入判断が出来るようになります。

不動産無料査定スタート

PAGE TOP